カート
ユーザー
絞り込む
カテゴリー
グループ
コンテンツ

インドネシア 東ジャワ パンコール農園

インドネシア 東ジャワ パンコール農園
インドネシア 東ジャワ パンコール農園
1,180円(税込)
挽き方
購入数

インドネシア 東ジャワ パンコール農園

1,180円(税込)
パンコール農園はジャワ島東部イジェン活火山帯にある国営農園です。オランダ統治下にあった1897年からコーヒー栽培が始まり、1950年にインドネシアが独立してからは国が管理しています。安定した一貫生産体制を行うことで品質管理を徹底できるのは国営ならではのメリットで、多くがドイツやアメリカに向けて輸出されています。インドネシアコーヒーココア研究所に土壌分析を依頼し、標高を加味しながら品種選定を行い、20年を目途に植え替えを行うなど品質と生産性を管理。多品種を栽培ブレンドすることで単一農園でありながらバランスの良いコーヒー豆を産み出しています。このロットの品種はUSDA、S‐Lini、Kartika。USDAはアメリカ農務省がエチオピアからインドネシアに持ち込んだ原種系統の品種、S‐Liniはラスナとカチモールの交配種、Kartikaはカチモールの一種になります。
風味としてはマンデリンやトラジャに代表されるインドネシアの豆とは全く違う印象の豆です。マウスフィールはトロリとした感じですがクリアでもあり、キレの良い苦味と甘味があります。芳ばしいカカオフレーバとジャスミンを思わせるフローラルな香りが鼻に抜けます。島ごとに違う風味を持つインドネシアコーヒーの奥深さを実感する豆だと思います。

[酸味]★
[苦味]★★★★★
[焙煎]深煎り
[内容量]200g
苦味のあるコーヒー
この商品を購入する

その他の商品カテゴリー