通販でご注文頂いたコーヒー豆の発送のタイミングについて

9月に入って、ほんのり秋の気配が・・・なんて思ったのですが、
真夏に戻ったかのような今日の暑さ。台風10号も心配なところです。

さて、ちょっとブログを書く時間も取れたので、通販についてのあれこれをお知らせしようと思います。

営業日15時頃までにご注文頂いた分は当日焙煎、翌日発送します。
クリックポスト発送ですと関東近郊は1日で届くみたいですが、ちょっと遠いと2日、
北海道は3日くらい、沖縄は6日ほど掛かるみたいです。
あくまでも郵便局の通常のサービスレベル表によるものなので、年末年始とか何か有事の際は
遅延が発生することもあるみたいです。

基本的に通販でご注文頂いた豆は出来るだけ新鮮なものをお届けしたいと考えておりますので、
ご注文後に焙煎し、ガス抜きのために一晩ビンの蓋を開けておいて炭酸ガスの放出が落ち着いたところで
袋詰めしております。

焙煎してすぐのコーヒー豆からは炭酸ガスが沢山放出されます。
これがお湯を差した時に粉が膨らむ元でもあるのですが、焙煎してすぐに密封してしまうと
ガスが行き場を失い、コーヒー豆に戻ってしまうんですよね。

そうすると、独特のガス臭みたいなのが豆に付いてしまい、豆本来の香りが出にくくなってしまうのです。
もちろん、炭酸ガスが落ち着いたら、出来る限り密封して空気に晒さない方が風味は長持ちします。

店頭で煎り立ての豆を販売する時は袋にガス抜きの穴を開けさせて頂いてますが、通販分は翌日に
お客様のお手元に必ず届くか分かりませんので、そうする訳にもいきませんし・・・

大体、営業日の15時くらいまでにご注文頂ければその日のうちに焙煎して、翌日発送という流れになります。
たまたま2・3日前に店頭在庫分をタイミング良く焙煎してましたら、その日のうちに発送できることもありますが。

定休日の前日の夕方以降にご注文頂いた場合は休み明けに焙煎して、翌日に発送という感じになるので、
ちょっとお時間頂いてしまって申し訳ないのですが、ご了承くださいませ。

相模原郵便局の当日便のトラックが、遠方行きが17時、関東近郊が19時に出るそうなんですよね。
店の営業が18時までなので、19時までにはポストに投函できるように頑張ってるのですが、
17時までには間に合わないので、次の日に回されてしまうようです。
どこの県までが19時便で、どこからが17時便なのかはっきり分からないのですが・・・

夏場は暑いので、集荷される19時ギリギリを狙って投函するようにしてるのですが、
郵便局内にも投函するところがあるので、浅煎りの厚みがあまりないものは局内に投函してます。
深煎りの豆は体積が浅煎りの豆より大きいので、封筒の厚みが3cm超えてるような気がしつつ、
郵便局の方の「ポストに入ればOKですよ~」というお言葉に甘えて、ギュウギュウ押し込んでます。(笑)

余談ですが、クロネコさんのメール便(暑さ2cmまで)は、到着した営業所でも厚みを計られ、
オーバーしてると返却されてしまうという厳しさ・・・
途中で豆がガスで膨らんでしまって厚くなり、返却されるパターンが多かったんですよね。

配達の早さと確実さを求めるなら宅急便の方が良いかと思うのですが、クリックポストは日本全国に
200円ほどで配達してくれる安さが最大のメリットですね。

つらつらと書きましたが、なるべく新鮮な豆をなるべく早くなるべくお安くお届けするように
努めておりますので、どうぞよろしくお願いいたします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です